火災保険雨漏りに関しても保険金の支払い請求が可能

予想を超える降雨量によって、屋根からの雨漏りが発生する場合があります。

通常の降雨時では特に異常は見られなかったものの、ベランダの排水が間に合わず壁の隙間を伝って雨水が侵入する場合や、強い風を伴って屋根の一部が破損したことによって雨漏りにつながることもあります。



一般的な火災保険では、その他の自然災害による家屋の損害も保証の範囲内とされているケースが多く、約款について確認することをおすすめします。



火災保険雨漏りが保険金支払いの対象となっている場合には、保険会社に請求すると良いでしょう。


火災保険雨漏りが発生して修理費用がかかった場合には、その業者に支払った領収書を添付することが求められるケースがあります。またまだ修理を行っていない場合は業者の見積書でもOKです。

その他にも火災保険雨漏りについて保険金を請求する場合に必要な書類は、罹災証明書と現状確認書などがあります。

罹災証明書は、大規模災害で警察や消防から発行される場合は問題ありませんが、被害が小規模であった場合には「住宅に損害が発生した」旨を証明してくれる第三者からの書類提出が必要です。
隣人であったり町内会役員であったりと、身内(親族)以外の人物に依頼しましょう。また被害状況のわかる写真や、住宅の間取り図などの資料も添付することが求められますので、忘れずに準備することが重要です。
保険会社によって支払われる金額は異なりますが、修理費用を補うのには十分な金額が支払われる可能性があります。

一度保険会社に問い合わせてみましょう。