雨漏り火災保険は本当か

住宅を購入した際に、ほぼ100%の方が加入するのが「火災保険」です。
万が一の火災に対して支払われる保険ですが、雨漏りが起きた時にも適用される雨漏り火災保険がある事をご存知ですか。

新築住宅の場合、施工業者が瑕疵担保保険を掛け万が一、瑕疵が認められた際は保険を使って修理する事になります。



有効期間は10年間です。
しかし期間を過ぎるとその後の、修理は家主が支払う事になります。普通の修理はお財布から支払う必要がありますが、もし火災に遭遇してしまった場合は火災保険で支払われます。

そして雨漏りも火災保険で支払い可能なのですが、条件があります。

火災保険の対象になるのが、「火災、落雷、爆発」などの基本補償以外に「風災、雪災、ひょう災」補償と呼ばれるものがあります。この中の「風災補償」を適合させて雨漏り火災保険として修理をすれば良いのです。


「風災」とは、突風、強風、木枯らし、春一番、旋風、台風に該当する強い風に遭遇して建物や家財が被害に遭った場合に適用されます。よって、これらの強い風で雨漏りが発生した訳では無いにしてもそれは誰にも分かりません。

強い風が原因で雨が漏った事にして保険会社に申請をすれば良いのです。

火災保険と言えば火災と結び付けてしまうので、風災に関してはイメージできないかもしれませんが決して特別な事ではなく、保険加入者なら当然申請をするべきです。



事実、火災保険で一番申請が多いのが風災や雪災なのです。



今一度、ご自身の保険証券を確認して万が一の際は雨漏り火災保険を使いましょう。