火災保険雨漏りを利用できるかを

雨漏りに気づいた時は、とにかく早く対処することが大切です。


様子見などといっている内にどんどん家の劣化が進んでしまいます。火災保険雨漏りを利用できるものであれば費用のことの心配もありません。

しかし、時には、火災保険雨漏りで費用がかからなく工事ができるからといって家の外壁などに見た目の傷もない時に訪問販売などで無理に雨漏り対策として工事をしようと言ってくるような場合は火災保険雨漏りが適用されない時もあります。

工事を依頼する時には信頼できる所で納得できる部分の工事をしてくれる業者を選びます。


火災保険雨漏りが適用されるのは、風災があります。台風などで屋根が飛ばされたり、瓦が剥がれて落ちたりした時です。


また、風が強くて他の場所から飛んできたものが当たって外壁や屋根が壊れた時も適用されます。

それの工事を火災保険を利用してするには期間が決められています。



被害を受けた日より3年以内となっています。



それを過ぎての工事をと思っていても保険適用の時効となってしまいます。
雨漏りははっきり屋根が壊れたり、瓦が飛ばされたりと分かる場合だけではありません。



屋根に上がって点検してはじめて分かる瓦のひび割れからとか、雨樋が詰まってそこから雨漏りとなったり、外壁のひび割れや、コーキング割れとなっている場合などがあります。ほんの少しだからと放置しておいたり、自分自身で修理をしたりする事もありますが、早い段階できちんと火災保険雨漏りを利用してなおせるものか専門の人に相談することが安心して長く住んで行く時には重要です。