雨漏り火災保険、その範囲の対象外事項とは

自宅などで雨漏りが発生した際には、条件さえ満たしていればその修理に火災保険を利用できることがあります。ただし逆を言えば、条件を満たしていない場合には雨漏り火災保険は適用することができないと言うことです。



雨漏り火災保険、その適用範囲外にはどのような事項が挙げられるのかと言うと、これは以下の通りです。

まずは経年劣化によるものです。
経年により外壁塗装が剥がれていたり、屋根材がひび割れていたり、ずれていたりして発生した雨漏りに関しては、雨漏り火災保険の適用外と言うことです。

火災保険が適用される条件は、風害による雨漏りであることです。もし経年劣化が原因として、風害の際に雨漏りが発生した場合にはどうなるのかと言うと、これは調査する業者により判断が分かれるところとされています。



ただ、その時になって困らないよう、経年劣化はできるだけ早めにメンテナンスを加えておくことが求められます。
それから業者の施行不良を原因とする雨漏りです。



外壁塗装が不十分であったり、防水シートが正しく貼られていなかったり、あるいは適切な建材が使用されていないことなどが、この施工不良の内容としては挙げられます。
これはあくまでも、施工を請け負った業者の責任なので火災保険は適用されないと言う具合です。


ただしこの場合は、その業者に賠償を求めることが可能です。

そして地震による建物への劣化、それを原因とする雨漏りです。


地震による被害と言うのは、火災保険で扱われるべきことではなく、地震保険によって扱われるべきことであるためです。よってこうした事態に備えるためには、地震保険への加入も必要だと言えます。